コーヒーカップは貝殻で。

仕事とか、趣味とか、育児とか、思いつくままに書いみます。

「SasS」と「PaaS」と「IaaS」

最近私もどっぷり手を出さざるを得なくなった(笑)クラウドに関する話題です。
クライドサービスでよく聞く3つのことば「SaaS」「PaaS」「IaaS」、皆さん説明できます?
今回はこの3つのサービスが簡単に言うとどういうものか説明します。

クラウドとは?

一応「クラウド」が何か触れますね、一応です。
インターネットに接続されたコンピュータ(というかサーバー)が提供するサービスを利用するという、利用形態の一つ。正式名称は「クラウドコンピューティング」。
外部のクラウドサービスを利用する場合、自社でサーバーを購入する、セットアップする、保守するといったことがない。
大きなメリットは以下2つ。

  • 初期導入費がほとんどかからない
  • 後から利用スケール(ストレージの容量や処理能力など)を大きくするのが楽
  • メンテナンスが不要(契約するクラウドサービスによるが、保守やメンテナンスがサポートされないクラウドサービスは基本的にない)

クラウドサービスの大きな分類「SaaS」「PaaS」「IaaS」

とどのつまり、「SaaS」「PaaS」「IaaS」はクラウドサービスの大きな分類です。
当然サービスの内容には違いがありますが、この3つは全く関係のないものでもありません。

SaaS(Software as a Service)

現在ではほとんどの人が意識せずに利用しているクラウドサービス、それがSaaSです。
ソフトウェアレベルで実現/運用されているサービスをクラウドから利用できるというものです。
例えば

他にもYahoo!Googleが無償で提供しているメール(クラウドメール)もSaaSですね。

PaaS(Platform as a Service)

一般のユーザーの方は直接このサービスを利用することはあまりないかもしれません。
PaaSはプラットフォームの機能をサービスとして利用するものです。
例えば

つまりユーザーがサービスを受けられる土台(プラットフォーム)が用意されていて、それが使えるサービスです。
ビジネスでは

  1. A社がPaaSを契約・利用する
  2. A社がその上に「色んな人に使ってもらえるサービス」を作る
  3. 一般のユーザーがそれを有料で利用する
  4. A社儲かる

みたいな感じですね。

IaaS(Infrastructure as a Service)

一般のユーザーの方は直接このサービスを利用することは基本的にはありません。
ざっくりいうと、IaaSはクラウド上の仮想マシンを「はいどうぞ」と貸し出すような、そんなレベルのサービスです。

がこれにあたります。
利用者次第でどんなプラットフォームも、どんなサービスも構築できるので、自由度は非常に高いですが、その反面これらを構築するための知識や技術を必要とします。
私の後輩はIaaS上にとあるオンライン対応のゲームサーバーを構築し、友人たちと自分たちしかログインできないオンラインゲーム環境を実現していました!
ちょっと引きました。

SaaS、PaaS、IaaSはレイヤーの関係(?)ということ

3つのサービスは独立した全く異なるものではなく、SaaS > PaaS > IaaSという関係があるということです。
一般的なPC利用と照らし合わせると、

  • 「人が利用するためのソフトウェア(アプリ)」 = 「SaaS
  • 「ソフトウェアを動かすためのプラットフォーム(DBなどのミドルウェア)」 = 「PaaS」
  • 「プラットフォームを構築するためのマシン(ハードウェアやネットワーク、OSなど)」 = 「IaaS」

ということになります。↓のような表形式のほうがわかりやすいでしょうか??

  IaaS PaaS SaaS
ソフトウェア(アプリ)
プラットフォーム(DB etc.)
仮想マシン(ハードウェア、ネットワーク、OS etc.)

クラウドサービスに関する話ではほんとによく出る言葉ですので、ぜひ知ってください。

とは言っても私もクラウドはまだまだなんですけどねっ(汗)